GRASSはこれから、
「ソーシャルセクターで挑戦し続ける当事者自身による相互支援」
を進めていきます!

GRASSではこれまで、主に「NPOで働く若手スタッフのキャリア支援」
に焦点を当ててきましたが、今後は対象を
「ソーシャルセクターで挑戦し続ける当事者全般」と広く設定することにしました。

これは、GRASSにとっての「キャリア支援」は、
個人としての生き方や働き方、自分自身のミッションの追及を含めて、
ソーシャルセクターでの働き方のデザインをすることであり、
さらにそれは、年齢に関係なく、自分自身の生き方をデザインすること、
につながっていくと考えているからです。

*ここでいう「ソーシャルセクター」とは、
社会課題の解決のために活動している組織の集合体を指します。
具体的にはNPOや協同組合、社団法人、財団法人、社会的企業などを
イメージしやすいと思いますが、GRASSでは、法人格の有無や違いにこだわらずに、
社会課題解決のために挑戦し続ける個人、を応援しています。

「ソーシャルセクターでのキャリア」には、
・キャリアの目標になる人が組織内にいない
・研修や育成のしくみが組織内にない
・「個人としてのミッションの追及」が仕事にも大きく影響する
など、一般企業などに比べて、キャリアビジョンを描きにくい側面がある一方で、
・多様な人や組織、社会課題に出会い、
・自分自身の成長やミッションの追及が、社会課題解決に貢献する
という大きな可能性を秘めています。

ソーシャルセクターで働くみんなのキャリアを、互いにワクワクしながら応援し合いたい。
日々何を考え、どんな志を持って社会課題解決のために挑戦しているのか。
その人がどんな風に成長して、どんな風に社会を変えるのか。
その人を通じて変えていける社会にワクワクしたい。
自分のこれからのキャリアにワクワクして欲しい。
そんな想いをもって、GRASSでは下記の事業を進めていきます!

■つながりづくりのために
●3カ月に1回、定期的な交流会「GRASSの宴」を開催します。
「GRASSの宴」では各回テーマを決めて、参加者が今どんなことに取り組んでいるのか、
お互いに応援し合う企画を開催します。

■キャリアに関するスキルとマインドを学ぶために
●「キャリアデザインに関する連続勉強会」を開催します。
「キャリアって何だろう」や「キャリアをデザインするってどういうことだろう」
について学びなおすための勉強会を開催します。

●キャリアに関するスキル(タイムマネジメントやモチベーションマネジメントなど)
を得るためのセミナーも開催予定です。

■キャリアについてじっくり相談するために
●キャリアについて内省し、相互にフィードバックするためのワークショップを開催します。
●メンターを紹介し、メンターと1対1で対話しながら自身の課題を掘り下げていく
「メンターマッチング制度」を整えていきます。

そのほか、
●ちょっと先をいく先輩がどのようにキャリアを築いてきたのかを聞く「キャリアインタビュー」
●「ちょっと相談してみたい」ことを共有する「WEB上メンター相談室」
●給湯室での雑談のように、ちょっと仕事から離れたプライベートな相談ができる「給湯室座談会」
など、ソーシャルセクターでのキャリア支援に関わる様々な情報や企画を発信していきます!

そして、これらの事業を進める運営のスタッフも全員、
ソーシャルセクターで働き、それぞれの段階で自身のキャリアを見つめなおしながら
試行錯誤をしている「当事者」です。
GRASSの活動の他に仕事を持ちながら、マルチジョブとして関わっています。
それぞれが考えていること、今とりかかっていることなどを、
これから《コラム》として毎月紹介していきます。ご期待ください☆

社会課題の解決や組織のミッション達成には全力でコミットする。
同時に、自分の生き方や働き方についてもしっかり考えて自分自身のキャリアをデザインしていたい。
そんな想いを共有する方は、ぜひ共に学び合いましょう!

2017年9月1日
文:星野美佳