5月13日(日)午後、
「生き方・働き方を深く内省して相互支援する日曜日の午後
~キャリアデザイン・セミナー&ワークショップ~」

を開催いたしました!

その名の通り、日曜の午後にきっちり自分のために時間をとって、
深い内省をしてみよう、という趣旨での開催です。

通常のキャリアデザインセミナーで行っている内容と、
ワークショップの内容に、セットで取り組める内容としました。

今回は参加者3名(+事務局2名)という少人数で、
日常から離れ、じっくりと自分自身の内省を行いました。

 

まずはお互いに、長めの自己紹介。
生まれてから現在までの「出来事」と「感情」を、1人5分ずつ程度で共有しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「現在」についてのみ焦点をあてた自己紹介よりも、
よりお互いの人となり・これまでのキャリアの節目における選択の轍が共有でき、
ぐっと距離が近づいた感覚になりました。

続いてファシリテーターのGRASS五井渕より、キャリア・デザインとは何か?
について、簡単に概論をレクチャーしました。
これまでの自分のキャリアや、これからなりたい姿を考えるにあたっての、
基本的な枠組みの共有となります。

 

 

 

 

 

 

休憩を挟み、いよいよ本日メインの内容となるワーク。

まずはエドガー・シャインの「3つの問い」の枠組みに基づき、
各自の「Can、Will、Must」を書き出してゆきます。
続いて、GRASSでオリジナルに作成したメンタリング・ワークシートを記入。

その後1人ずつ、その内容を発表し、他参加者からフィードバックしてゆきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に自分のありたい姿はどういったものか、
その実現に向けての障壁は何か、
どうすればありたい姿に近づいてゆけるか……
といった観点について、互いに対話しながら、
本人も気づいていない点を含めて少しずつ深めてゆきます。

ほぼ全員が本日初対面同士でしたが、
思わぬ共通点が見出されたり、ある人の経験が別の人への示唆となるのも、
複数人で行うワークのよいところ。

お互いへのフィードバックは真剣そのものです。

最後にまとめとして、
「月曜日からのあなたの『小さな決意』『自分への約束』『変えてゆきたい何か』」
は何か、互いに出し合いました。

 

あいにくの雨模様でしたが、少人数だった分、1人1人の話をじっくり深めることができました。

明日から、確実に一歩を踏み出せる道筋を確認できる場になったのではと思います。

今回は残念ながら参加できなかった……という方、次回開催をお楽しみに!

個別に開催のご要望がございましたら、場合により対応が可能な場合もございますので、
事務局までお気軽にご連絡ください。

(文責:今井)