■所属
IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]

■分野
NPO・コミュニティ支援

■経歴・キャリア
1980年生まれ、神奈川県育ち。
学生時代から国際協力NPOなどでのインターンを経験。新卒でNPOに就職しようと試みるも、某NGOの就職説明会にて、「社会人を3年くらい経験してきてからのほうがいい」と助言され、企業に就職。
2003年~2007年まで、IR(投資家向け広報)支援企業に勤務、投資家向けの企業報告書の作成・編集・営業を担当。CSR報告書の作成などにも関わり、「紙面を作る人より、活動の内容をつくる人になりたい」と思い、NPOへの転職を模索。
IIHOEにボランティアとして関わっていたことをきっかけに、2007年からIIHOEに転職。
隔月刊誌『NPOマネジメント』の取材・執筆・編集業務や、中間支援組織の研修事業などに携わる。
現在はIIHOEでは「社会事業家100人インタビュー」や「助成プログラムのコミュニケーション調査」、『ソシオ・マネジメント』の編集業務などを担当。

2014年に社会保険労務士試験に合格。今後はNPOの人事労務の課題解決を支援する社会保険労務士として専門性を高めていきたいと模索中(まだ開業はできてませんが)。
2015年に第1子を出産、現在は仕事と子育てと家事の両立でてんやわんや。
「転勤族の妻」でもあり、現在福岡に在住。在宅勤務で仕事をしています。

■GRASSでの関わり方
マネージャーとして事業・組織全体に関わる
「給湯室企画」の発起人。

■ひとこと
20代後半にモヤモヤしていた、自分の専門性の立て方と働き方。。
持続的に働ける環境は自分たち自身で築こう!NPOセクターでのキャリアを自分で切り拓こう!
というGRASSのメンバーに支えられてきた私が、次の世代のキャリア形成のサポート役になりたい、と思ってます。
転勤族とか在宅勤務とか産後の体調不良とか子育てとの両立とかのトピックでも語りたいです。